困っているカップル
  • ホーム
  • 早漏と筋力トレーニングのデメリット

早漏と筋力トレーニングのデメリット

筋力トレーニングは、体の筋肉を鍛えることで体力を向上させる目的で行なわれるものですが、基本的には筋肉に炎症を起こしてそれを修復することで筋肉を増やすので、過度なトレーニングをすると逆に免疫力が低下して筋肉が増えにくくなるというデメリットがあります。
効率よく筋肉を増やすためにはアミノ酸やタンパク質をトレーニングの前後に摂取して回復を早めることが重要で、回復するために必要なアミノ酸が十分に摂取できていると傷ついた筋肉を素早く回復させるので疲労感が少なくなります。
適度な筋力トレーニングをするのは非常に難しいので自分の体調に合わせてトレーニングを行って、翌日に疲れが残っている場合にはトレーニングを軽くします。
ウエイトトレーニングの場合は5回程度持ち上げることができる重量でトレーニングをすると筋肉を太くすることができますが、トレーニングの頻度は週に1回から2回にしないと回復できないので、疲労感が残ってしまいます。
早漏は精神的なものが一般的で、思春期の男性の場合は女性経験を重ねることで症状が改善するので治療をする必要がありませんが、結婚してから早漏になった場合にはストレスや体力低下が原因なので、休養をとるなどして体力の回復をしたり、医療機関を受診して早漏を予防する薬を処方してもらうと正常なセックスが出来るようになります。
早漏は射精までの時間が数秒から1分程度と非常に短くなりますが、これは脳が興奮し過ぎることで、刺激に対して過剰に反応して射精をしてしまう症状なので、リラックスをするために少量のアルコールなどを飲むことで正常なセックスが出来る場合があります。
処方される薬はSSRIの成分のもので、射精の時間を3分程度長くすることができます。